パンフレットデザインの印刷を依頼する流れ

menu
HOME » パンフレットデザイン » パンフレットデザインの印刷を依頼する流れ

パンフレットデザインの印刷を依頼する流れ

パンフレット印刷をどこかの業者に依頼する時、どういう流れで打ち合わせや制作が進んでいくのでしょうか?
今回は、DTPデザイン業者に依頼した際の、デザイン相談から制作工程について説明したいと思います。

基本的には、まず打ち合わせから入るのですが、業者側のデザイナーもしくはディレクターと、デザインの相談を行います。
この時にある程度のデザインを決めたワイヤーフレームとをこちら側で作っておくと話が速く進みます。
対面で打ち合わせをするところもあれば、ネット完結型でメールやチャットのやり取りで打ち合わせを行う業者もあります。
ネット完結型の方が、効率が良い分、料金が安い傾向があります。

打ち合わせでは、パンフレットデザインのコンセプトを決めて、どのような画像を入れてキャッチコピーを挿入していくのかなどの話を詰めていきます。
話がまとまったら、業者のDTPデザイナーがデザイン案をきちんとした形に編集して、それで問題なければ、そのデザインデータを基に印刷が行われます。

流れのイメージとしては打ち合わせを綿密に行い、それを基にそれを基にデザインはさっと仕上がるといった感じでしょうか。
業者に依頼をする時期にもよりますが、かき入れ時でなければ、それほど完成までに時間が掛からないことが多いです。
どちらかというと、デザインができた後の校正作業の方に時間が掛かります。
問題があればこの点で修正しないと、印刷に回した後は修正がきかないため、校正はかなり慎重に行われるのが普通です。

料金については、申し込む依頼内容によって見積り金額が変わります。
一枚のチラシではなく製本が必要な場合は、その分の料金も掛かります。
製本には色々なやり方があって、ページ数の少ない一般的なパンフレットだと、中綴じという方法で製本されることが多いです。
厚めの製本をする時には、平綴じや無線綴じなどで製本されます。

打ち合わせの時の見積もりは、どこまでを依頼するのかによって金額が変わります。
例えばデザインデータが既に出来ていて、それを印刷して製本してもらうだけだと、印刷にかかるコストだけで済みます。
ですが、デザインやキャッチコピーの考案、写真撮影などを依頼する場合は、それに伴う費用が見積り金額に加算されます。
デザインまでは自社で考えて、その修正案をプロに任せたり、印刷だけを任せたりすることで、費用を抑えられますので、これからパンフレットの制作を考えている人は、まず制作会社に問い合わせてみるといいでしょう。