パンフレットデザインの基本的な流れ

menu
HOME » パンフレットデザイン » パンフレットデザインの基本的な流れ

パンフレットデザインの基本的な流れ

今回は、パンフレットをデザイン制作する時の、基本的な制作工程を紹介したいと思います。
WEB系のパンフレットとは違い、版下や製版といった専門の用語があります。
自分で、もしDTP作業を行いたい人は、まず作業工程を頭に入れておきましょう。

DTP制作は、まず打ち合わせから始まります。
打ち合わせで具体的なデザインを詰めていきますので、ここで希望のデザインを担当のスタッフと十分に話し合わないといけません。
打ち合わせが十分にできていないと、仕上がった時にイメージと違うパンフレットができてしまうことがありますので、この段階で、ほぼ清書に近いデザインを仕上げてもらうことになります。

仕上がったデザイン案は、画像や文字を入れて版下という物を作ります。
ここまでで問題があれば、まだ修正可能な段階なので、内容に希望と違った点があれば指示をします。
そうこうしながら、デザインが完成すれば今度は印刷機に通すためのデータへと変換する作業が行われます。
これを製版といい、必ずやらなければならない工程のひとつです。
これが終われば、印刷機に通して実際に紙のパンフレットになっていきます。
印刷をしてしまうとやり直しがききませんので、内容に問題がある場合はデータのやり取りの時に指示しなければなりません。

パンフレットのデザインデータがある場合は、製版と印刷を依頼するだけになります。
そうなると費用が断然安くなります。
どこからどこまでを制作会社に任すかによって見積もりが変わってくると考えておくと良いでしょう。

さてそんなパンフレットのデザインですが、デザインによって大事なのは画像やイラスト、 配置はもちろん重要な要素なのですが、キャッチコピーもかなり重要な要素のひとつだと言えます。
キャッチコピーは、コピーライターに依頼をして頼むことが多いですが、制作会社でコピーライターを抱えているところも多いですので、専門のDTP業者であれば、全て任せてパンフレット制作をしてもらうことが可能です。
どこまでの業務が得意分野なのかは、業者によって違いますので、依頼する場合はサービス内容や過去の実績をよく確認してから申し込んでみるといいでしょう。

ちなみに見積もりは、打ち合わせの段階でデザインが決まれば、正確な金額を出してもらえますので、完成後に、予想以上に高くなってしまったというようなことは、ほとんどありません。
パンフレットやチラシのデザインや印刷を考えている人は、まず、制作会社に相談することからやってみましょう。