パンフレットデザインを依頼する前の注意点

menu
HOME » パンフレットデザイン » パンフレットデザインを依頼する前の注意点

パンフレットデザインを依頼する前の注意点

パンフレットのデザインを依頼する時に、チェックすべき注意点について。
今回は、パンフレット制作業者の特徴を紹介しながら、どのような点に注意して、業者を選べばいいのか?について説明したいと思います。
まず、パンフレットデザインを依頼する先についてですが、専門業者やSOHOのフリーランスなど、色々な発注先が考えられます。

一番手軽に依頼できるのが、DTP専門の制作会社です。
DTP制作会社とは、パンフレットや広告チラシ、名刺、POP、本の表紙のデザインや印刷などを手掛ける会社のことで、ネットで検索すればたくさんの制作会社が出てくるかと思われます。
制作会社に依頼した場合は、ある程度の品質が保たれますので、比較的安心して相談できるところではないかと思われます。

他には、SOHOの仲介サイトにも仕事を募集しているフリーランスに依頼することも可能です。
DTPデザインを受け持つフリーのデザイナーを探して、印刷データだけ作ってもらい、印刷は別の会社ににやってもらうという形になります。
この方法なら、費用は専門の制作会社に依頼するのと比べて安く上がります。
ただし、SOHOで仕事を募集してデザイナーのスキルにはばらつきがあるため、品質に心配があります。

また印刷所別に探さなければならない手間もかかるため、労力を減らすために外注にパンフレットのデザインを依頼するようなケースでは、フリーのデザイナーよりも制作会社に依頼した方が確実だと言えるでしょう。
発注先を選ぶときは、どこまでを許容できるのかを判断して選ばなければなりません。
安い所であればそれなりのものしかできませんので、費用は掛かってもある程度のクオリティを担保してくれる制作会社を選んだ方がいいでしょう。

では、制作会社を選ぶ時には、どのようなポイントを見て選べばいいのでしょうか?
これは、まず一番目が行くのは価格だと思われますが、価格よりもむしろ過去の実績を見て判断した方が良さそうです。
制作会社に依頼をする場合は、制作実績を公開しているところが多いので、それを見て、こちら側の希望するコンセプトを組んでくれそうな業者を選ぶことが肝心でしょう。
後は打ち合わせを丁寧にやってくれる所を選べば、イメージと違ったパンフレットが仕上がってしまうようなトラブルを回避できます。
パンフレットの制作をやってくれる専門の制作会社は、たくさんありますので色々な業者を比較してみるといいでしょう。