パンフレット制作のコツ!かわいいデザインに仕上げるには?

menu
HOME » パンフレットデザイン » パンフレット制作のコツ!かわいいデザインに仕上げるには?

パンフレット制作のコツ!かわいいデザインに仕上げるには?

パンフレット制作をかわいい感じのデザインに仕上げてもらうには、そういうデザインが得意な制作会社を選んで依頼するといいでしょう。
そういうパンフレットのような印刷物は、DTP制作専門の業者に相談して、見積りを出してもらうことになります。
DTP業者のデザインは、基本的には顧客の意向に沿う形で仕上げられますが、得意なデザインや不得意なデザインもあるかと思います。
ですので、打ち合わせの時にサンプルや過去の作品を見せてもらって、自分が希望するデザインに近いようなものがあるかどうかを、チェックするといいでしょう。

良いパンフレットを制作してもらうためには、打ち合わせをいかに入念に行うかが大事です。
業者によっては、打ち合わせを早々に切り上げようとするところもあります。
依頼する側も、打ち合わせに時間を取られるのを嫌がる人もいますが、ここはしっかりやっておかないと、仕上がりがイメージと違うものになってしまうここともあるので、十分な意見のすり合わせを行っておきましょう。

こういうDTP系の制作会社の中には、格安でデザインから印刷までを守ってくれるところもありますが、そういうところを選ぶ時には、注意も必要です。
格安で対応してもらえる分、どこかでコストカットが行われているからです。
例えば、デザインには、一から考えたものではなくテンプレートを使って当てはめたものを使用していたり、人件費を抑えて少人数で対応していたり。
相場よりもはるかに安い金額で仕事を取っている業者には、何かしらのデメリットがあるため、こちら側はそのことを認識した上で、依頼しなければなりません。

また、意外に忘れられがちなのは、コピーライティングの品質です。
文字が多いタイプのパンフレットを制作する時や、商品カタログなどを制作する時は、商品をPRするコピーライティングが必要不可欠となります。
このコピーライティングを外注で、単価の安いライターに回しているような業者に当たってしまうと、良いものは生まれません。
パンフレットは、商品を売るための貴重な営業アイテムですので、コピーライティングに関してはかなり品質を重要視した方がいいです。
むしろ、外枠のデザインよりも大事なポイントですので、コピーライティングの上手な制作会社に依頼するのがおすすめだといえます。

後は、ディレクターをしっかりと確保している制作会社を選ぶことも、重要なポイントのひとつです。
ディレクターは、制作物のクオリティを担保する役割がある立場ですので、この役職の人が配置されていないと、なかなかいいものは仕上げられてきません。
そういった点を調べるために、まずは未来を考えている制作会社の過去の実績などを確認してみるといいでしょう。